読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

【レビュー】『グローバルに通用する異能を開花する-大前研一通信特別保存版-Part-VIII』

大前研一さんLOVE

Regainが経営コンサルファームと言う仕事場に興味を持ったのは、まさに大前研一さんの数々の偉業と著作に影響されたところが大です。と言うか、一時期は公言してはばからない「大前ファン」でした。

その頃からずっと読んでいるのが「大前研一通信」。

視点のグローバルさ、提言内容の切れ味の鋭さなど、いわゆる書籍では伝えきれないホンネ的な部分も織り交ぜつつの、非常に愉しいコンテンツが満載なのですが、この「特別通信保存版」は、言わばそうしたコンテンツを一つのテーマで纏め読みできます。

で、この2月に「教育」をテーマにした特別保存版がリリースされたので早速読了(ご提供はレビュープラスさん)しました。

本書は、30年後の未来から逆算して今を考えたときに見えてくる、現代の企業経営や学校教育が抱える課題を分析し、「異能教育」の必要性に言及します。さらに、今話題となっている国際バカロレア教育も取り上げ、その概要や実態を国内外の専門家の視点から分析。また、グローバルマインド、教養力、議論する力、英語力、スピーチ力など、21世紀の日本人ビジネスパーソンに必要な能力を具体的に解説します。さらに2014年にeラーニングアワード厚生労働大臣賞を受賞したBBTのオンライン教育システム”AirCampus(R)”を用いた「異能」を開花させる教育も紹介しています。

グローバルに通用する異能を開花する (大前研一通信特別保存版 Part.VIII)

グローバルに通用する異能を開花する (大前研一通信特別保存版 Part.VIII)

  • 作者: 大前研一,ビジネス・ブレークスル出版事務局
  • 出版社/メーカー: ビジネス・ブレークスルー出版
  • 発売日: 2015/02/13
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

30年後からの逆算思考によるアプローチ:「異能」の必要性

 

今年に入って、少子高齢化やら産業活力やら、至る所で危機感をあおる記事が増えてきた印象を強く持つRegainですが、国の根幹に関わる成長力に貢献してゆくのは結局「医療」と「教育」なんじゃないかとも考えています。

その「教育」について、大前流のグローバルに30年後を俯瞰した視座から、これからはどうあるべきかという点について、複数の施策提言がこれまた独特の「異能人材」養成に向けた具体的な方法論として語られています。

内容的には、第3章の「0歳から18歳まで、異能を開花するための人材育成」にその多くが詰め込まれているのですが、なかでも以下の論点は非常に示唆に富んでいます;

  • 国際バカロレア教育制度への融合
  • 幼児期は学習準備期間ではない。一人の市民として生きる期間。

人生を豊かに生きてきた大前さんだからこそ書ける内容

エンジニアからコンサルと言う異色の(当時はナンセンスな)職業に移り、個人としても職業人としても趣味人としても、グローバルな環境に身を置く中で日本という国のGood/Badを見続けてきた大前さん。ご自分での経験を踏まえて後世を担う人々にひとつでもいいから実践してほしいことがある、そんな思いが文章の端々からほとばしる感じが満載の本書籍。

人生を有意義に過ごす、というのは、全人格的な教育があってこそですしまだまだ世界レベルでも整備されている国は多くない。そんな中で日本が、そして日本に生きるぼくたちが価値観を変容させつつ、次の世代に何かを伝える為の、ひとつのきっかけとしても有用な一冊なのではないかと感じました。

 

今日から書籍も販売開始のようです。ぜひご一読を!