読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

あなたも、もうそろそろ。

食欲・読書・旅行と、秋の訪れを実感しながら、季節ならではの楽しみごとを考え始めているRegainです。

なのですが、先日書斎(将来の子供部屋)をちょっと掃除して少し火がついてしまいましたので今年の秋は「整理の秋」になりそうな予感がしています。

そんなことを考えていたときに、ふっとこの言葉を思い出しました。

http://www.flickr.com/photos/46944516@N00/435347929

 photo by pedrosimoes7

「あなたも、もうそろそろ片付けもの始めておかないとね」

「そうだな、うん。」

 

これは、某CMの中で、親元を旅立つ娘さんを見送った後に、(確か)60歳代とおぼしきご夫婦がする会話。 

探してもYoutube上では出てこないのが残念ですが、今でも記憶に鮮明に残っているというのは、結構珍しいなあと今更ながら感じています。

こうした会話ができる夫婦って素晴らしい、というのと、ひとはいつになったら「死を意識した準備」を始めるんだろう?っていうので、ずっと意識の底に潜んでいたんでしょうね。

 

リビングに差し込むやさしい陽光が、この夫婦の顔をあたたかく包み込む、そんなCMでした。たぶん保険の宣伝だったんじゃないかと思います。

 

年に2回、大掃除だー!と夫婦ふたりで汗だくになりながら部屋を整理するRegain家ですが、いつか、きっと掃除の位置づけも変わってゆくんだろうか。

 

そんなことを考えながら、この週末から年度後半の整理を始めることにしまーす。

 

図解 いつも余裕のある人が実践している 男の部屋の整理術 (コミックエッセイ)

図解 いつも余裕のある人が実践している 男の部屋の整理術 (コミックエッセイ)

 

 

身軽に暮らす ~もの・家・仕事、40代からの整理術 (COMODOライフブック)

身軽に暮らす ~もの・家・仕事、40代からの整理術 (COMODOライフブック)