読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

ブログ更新頻度が下がった理由を考えてみた

 

えー、大変ご無沙汰しております。

前回のエントリはいつだっけ?と数えてみると、なんと1か月も前じゃないですか。

以前は(ほぼ)毎日更新していたのが、なんで・・と自分でも不思議に思ったので、

ちょっと考察してみました。

離職すれば書くことも時間も、山盛りあるだろ、自分?

  1. サラリーマンによる、不満のはけ口だったのか

     サラリーマン時代、特に家電メーカー勤務のころは何だかんだと忙しいながらもプライベートを大切にする社風の恩恵を多大に受けていたような気がします。
    もっと言えば、「プライベート充実してないといい仕事できないよ」的な考え方をしている方が多かったので、「じゃプライベート充実させるには何ができるかー??」みたいな発想も自然と起こりやすかったわけですね。
    4199675334_cfd42a39ce_o そのうえ、業務の特殊性というか、ビジネス推進や海外出張など、自分がプライベートとしても発信できる価値の高そうな情報が多かったので、勢いブログにも「書くべきネタ」が多かったんだと思います。 (業務のフラストレーションも・・)
    かっこよく言えば「オンの時間をプライベートで表現する」エントリ内容になるのですが、読み返してみると結構、「あー、ストレス溜まってるな当時のオレ(笑)」的なものが多いことに気づかされます。 
     ビジネス書レビューやグローバル経済関係のことを書いているエントリは、おそらく第一線で働いてるんだぞオレは!という顕示欲の裏返しみたいなもんで、誰かのために役立てたいというよりは、もっと目立ちたい=目立てていない自分による不満のはけ口っぽく、自己満足ぷんぷんに書いていた節が多分にありますね・・・

    離職した今となっては、逆に言うとそうした「サラリーマン(ビジネスマン)による不満のカミングアウト」的な必要性がすごく薄れてしまったので、書けなくなってしまったんじゃないかという訳ですね。
  2. レストランレビューしていていい身分じゃなくなった

    まあ、これはお分かりいただけるかと思います。
    images「離職状態」=プーですから。
    一定収入がある身分であれば行けていた、新規開拓できていたレストランへの訪問が、激減しちゃった訳ですね。
    その代わりに、家飲み・ご近所飲みがずいぶん増えましたので、そっちを書きたいとは思うのですが、自分の立ち位置が、なんせ、プー。
    もちろん、自分ではプーと思っていませんが、家庭に満足のいく収入を落とせていないという意味においては、プーでありヒモみたいに思われても仕方ない身分なわけで、「そんな自分が酒飲んでゲラゲラしているエントリをアップしてよいのか?」と身につまされるところもあったりするんです、コレが。

    つまり、食に関しては自粛モードになっちゃった、ということですね。
  3. 今の自分のやっていることを、まだ人に説明できる状態ではない・・

    img_01 現在のRegainは、スタートアップに近い位置づけにいながらも、事業としての核を最終的に作る前段におります。

     加えて、安定的な収入をサラリーマンとしてではない方法で確保するための仕組みを構築することを同時並行で進めており、こちらも漸く「見えてきた」ような状態におります。

    (実は、仕組みづくりがかなり大変だったりするのですが、それはまた別の機会に)

     つまり、、人から聞かれたときに、「いろいろやっている」としか表現できない状況にいるんですね。 
     本当は書きたいことは山盛りあるんですが、「完璧には定まっていない」ので書こうにも書けない!というジレンマに陥ったり状態なんだと言うことかと思います。 

 

じゃ、、いつになったら戻る(書ける)のか?

答えは、「今でしょ」「それも、自分次第」だと思うに至りました。 

 

上述したように「書けなくなった理由」こそあれ、各々が解決できなければNGと言うものでもないですよね。 

 

今だから書けることもあるじゃないか。

 

もしかすると、これまで書いてきたエントリーのコンセプトと多少変わる内容が増えるかもしれませんが、定期的に更新することを一つの生活リズムとしても組み入れようと思います。

 

・・ということで、これからはもう少し更新頻度が上がりますで!