読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

【リフォーム】壁が埋まりました

 

先週から今週にかけて一気に進む、と言われていた意味がこの週末にようやく判りました。

骨組みだらけの状態から、壁が貼られると一気に「住む空間」的な感覚が増すものです。

まずはエントランスから。 

(ここにはドアが着くので、入ってすぐこんなに丸見え状態ではなくなりますけれども)

DSC04247

そして、キッチン周り。 

あんなに殺伐としていたスケルトン状態が、すっかり「お部屋」らしくなり。

DSC04250

リビングへ向かう途中の小部屋(作業机)。階段下もきれいに処理されております。

DSC04245

これが作業机の概観(いちおうヨメさん用)。 Regain的にはかなり落ち着く。。

DSC04246

キッチンの裏側。まだ棚などは付いておりませんが、雰囲気はわかりますね。

DSC04252

キッチンを横から眺めるの図。いやー、広々というか巨大というか。 

DSC04249

そして、さりげなくテレビの下に配された、古木でできた小棚。 

唯一と言ってよい、Regainのこだわりの場所。。

DSC04253

来週からはモルタルを壁に塗り始める(2週間くらい)予定なので、さらに「お部屋感」が増すことになると思います。。。。こういう、「住む空間」を作ることができるっていうのは凄いことだなあと感心しきり。

次回をこうご期待ー!