読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

共通の目標を持つ

日々のできごと

 

最近の平日はヨメさんとほとんど話ができなくなったRegainだけに、週末は極力会話を深めたいなあと思い(ワインなど飲みながら)いろいろと1週間の出来事を共有したりしてます。 

てか、「共有」というのはちょっとおこがましいですかね。Regainの悩みを聞いてもらうだとか、平日にヨメさんが思うところだとかを深く掘り下げるとか、そんなことをしてます。

場合によっては夜の2時くらいまで話し込んだりすることもあるのですが、最近の会話の中心は、もっぱら「ふたりで何を目指そうか」ということ。 コンサルに移って怒涛の平日を過ごす中で気づいたのは、仮に現在が「経過点」であればなおさら、その後の「目指したい」「実現したい」姿を夫婦二人で方向性づけることが重要だ、という事でした。

前職のときにもこの点については会話を深めてはいたものの、あと数年すると40歳(!)を迎えるRegainにとって、いつまでも夢物語を語っていられないし、実現したいことならヨメさんと方向性をきちんと合わせて(かつ、ヨメさんの思いは十分含めつつ)取り組む必要があるなあと思う次第です。

会話って毎日あるに越したことはないでしょうが、短いからこそギュっと絞った内容を行うことができるものだと感じます。 ま、絞り込んだ内容ばっかり話していても窮屈になるので、そのあたりはメリハリをつける必要があるんでしょうけど。

もうちょっと、もうちょっと

(意味不明!?)