読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

大阪常駐になりました

 

ハイ、明日からです。実は。

DSC02430

年末にパートナーと話していて、「で、挑戦してみる?」みたいな会話を飲み屋で交わした後、年末直前あたりにあちらのダイレクターから「で、1月5日から大丈夫だったですよね?」みたいな話になり。

今のRegainにはコンサルとしての経験が圧倒的に不足しており、それをパートナーに話していたことが今回の常駐につながったようですが。 

年末に聞いたところでは結構ベタベタの国内メーカー→海外展開に伴う支援内容のようなのでそれは良いのですが、この3年を見据えた上でこのオファーをどう活用してゆこうかという点についてはずっと結論が出じまいなままで初日を迎えることになりました。 あああ。

ただ、Regain思うにそうした経験もなかなかできるものじゃないかなと。いずれかの方向で起業を標榜する人間にとってはあらゆる経験が貴重なインフラになりえる訳で、一時的に平日の鎌倉から遠ざかるとは言えそれも一過性のもの。

何より、ヨメさんが応援してくれたのはありがたい内容のひとつ。 最初はメソメソと涙ぐんだらどうしよう、と告げる前に悩みもしたものの、言ってみたら結構あっけらかんと「でも休日は帰ってくるんでしょ?」というコメントとともにワインをゴボゴボとグラスに注がれつつ「ファイツ!」と応援されるあたり、何事にも杞憂はあるのだなあと思います。

実は昨日はT家とS家とカラオケで相当騒いじゃって微妙にその名残とともに気分的にもメロウな感じだったのですが、ヨメさんと話しているうちにすっきりしてきました(この時間だからか。。)。 独身のときとは異なる制約を感じるときがある一方で、一緒に暮らしていることでの心強さみたいなものは、こういう時に改めて痛感する瞬間でもあります。

さあ!

走れ、おれ!

走れ、日本!

がんばろう日本!