鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

アルカナディナー、堪能す

 

敷地内別棟のレストランARCANAMでいただきます。 時間はわりと自由。(チェックイン時に大体の時間と嫌いな食材だけ伝えます。) P1090987席は最初から決まってました。

カウンターでなく、到着時にウェイトしたボックステーブル席だったのですが、プライバシー度が高く、それはそれで。

コースはスタンダードなコース「伊豆の大地」と、アップグレードした「神秘」があります。 今回は神秘の方をば。

『自然豊かな伊豆の食材だけがもつ「大地の恵みと海の幸」を感じる極上のフランス料理』と銘打たれたメニュー、どんなものか始まる前から楽しみになっているRegain夫婦でした。。

まずはシャンパンを。。Andre Clouet Siver Brut。 うう、うまい。 お魚系・野菜系には 2008 Saint-Joseph “Lyseras” を、そしてお肉には2005 Ch.Vieux Pourret Saint-Emillion Grand Cru をお願いしました。 リストにあるワインはどれもハイレベルなものばかりで、同時にお値段もかなりイってしまうのでバランスを考えながらの選択ではありましたが。。

えいやー! ここは愉しむ!!

P1090963

そして。きましたきました 海と畑のスープ。 レモンと海藻。

Citronnade aux algues

P1090975 P1090977

食事中、種類の異なるパンが何回か登場してお口直し。 はじめは自家製フォカッチャなどのものから、お替りからカンパーニュ。

P1090979

Fondant (柔らかな)
食感を忘れた三つの素材・・・アナゴ、鴨のフォワグラ、芋

ポルチーニ茸の小さな歯ごたえを添えて
Congre farcie très moelleuse , jus de vinaigre

P1090985 
大自然・伊豆の輝き
伊豆の自然が育んだカラフル野菜の菜園
60種類の『香り』 『味わい』 『食感』 が楽しい。写真では迫力が伝えきれないのが残念。
Composition de légumes et de la mer, saison 2011

P1090993

ちなみに、、という事で持ってきてくれた60種のうちのいくつか。見たことないものも多し。

P1090997

青から赤へ ”Colors”

甲殻類のエッセンスで火を通した青オマール海老

レタスのジュレと小野菜 エビ味噌の真っ赤なソース

P1100001

生命力

‘オコゼ 地蛤 ういきょう‘ 力強い旬の食材を一皿に鮑を詰めたズッキーニの花とハーブの新芽

Okoze poêlée, émulsionnée de fenouil et palourde en sauce,fleurs de courgette à l`ormeau

P1100005 

滋味深い味わいの、Viandes
希少な赤味熟成肉 ‘伊豆牛‘ 29ヶ月飼育 地元ひらい牧場の伊豆牛ロース肉、

夏トリュフとポテトのブーケ 山葵の砂のアクセント

Entrecôte de boeuf `Izu` poêlé, bouquet de pommes de terre, condiments composés

伊豆牛、仔鳩、仔羊、ホロホロ鳥から選べますが、やっぱ牛でしょ!という事で。

P1100011 

小さなお口直し
鞘につつまれた・・・玉蜀黍とヴァニラ
Maïs à la vanille

 

P1100014

 

 

ひたすら爽やかなデザート

熟した宮崎マンゴーとライムの香るスフレグラッセ

軽くかるく仕上げたヨーグルトを乗せて

Soufflé glacé à la mangue `Miyazaki

 P1100018

お茶菓子

 

 

Mignardises maison

スプーンの上にあるのは、ティラミス。どれも程良い甘さで丁度よろしい感じ。

P1100025

 

 

 

以上!! 全体的な印象として、サーブのタイミングが絶妙で、かつどのお皿にもイベント色と味の素晴らしさが配されていて、一体何人でこれだけの料理を回しているんだろうか?と頭をよぎるほどでした。 出されるたびに「おー」などの嬌声があちらこちらで沸き起こっているのが全体感を盛り上げていたのが楽しい。 我々はボックステーブルで二人の時間を満喫しながら堪能したんですが、カウンター席に座ると、また違う雰囲気の中で味わう事ができるのかもしれません。 いやあ、楽し&うまし。