読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

自己表現でホルモン上昇

 

移動中、6月21日のAERAを読んでいて、興味深い記事が有り。「疲弊脳」という定義が存在するそうです。とりわけ、管理職世代の男性が、過重なストレスで脳が疲れてしまう能の状態なんだとか。で、「生命を維持する間脳の部分がストレスで疲弊状態となり、それが長く続くと更年期障害になると考えられる」そうな。 怖いっす。

初対面の女性に会うとホルモンが増えやすいが、長くつきあっている女性と一緒にいても慣れてしまい、ホルモン上昇につながらない。むしろ同性のライバルに囲まれて互いに刺激しあって過ごす方が、ホルモンがよく出るんだとか。

男性ホルモン値をあげるコツ10カ条

1.自分の居場所を作り、交感神経の緊張を防げ

2.楽しいことをして副交感神経の活性化を

3.旬の食材を取り入れ、偏りのない食事を

4.忙しいときほど筋力トレーニング

5.良い睡眠をとる、寝る前に仕事のメールを読むな

6.男性の仲間を大事に

7.おしゃれを楽しもう

8.自分を主張し、凝り性になれ

9.大声で笑おう

10.目標を持って「わくわく」しよう

* 帝京大学医学部付属病院・堀江重郎医師による