鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

【記事クリップ】しらすって豊漁だったんですね

古いWEB記事ですが、YOMIURI ONLINE2月1日内容より引用です。よく見てみると、すごい成長率。

image

相模湾で行われているシラス漁の漁獲量が昨年、推計で717トンに達し、過去30年で最大規模の豊漁だったことが、神奈川県水産技術センター(三浦市)の分析でわかった。

相模湾のシラス漁は毎年3月11日~12月31日が漁期で、29軒のシラス漁業者が操業している。漁期には、生のままや天日干し、釜揚げしたシラスを直売所で販売するほか、直営食堂で調理販売したり、飲食店に卸売りしたりしている。 県水産技術センターによると、相模湾で行われているシラス漁の年間漁獲量は1980~2006年、131~673トンの間で推移しており、増加傾向にある。

07年以降は、29軒中4軒のシラス漁船の水揚げを基にした推計値の段階だが、07年566トン、08年532トン。推計値は実際の漁獲量とは1割程度ずれることがあるものの、09年の717トンは過去最大規模の漁獲になる見込み。豊漁の原因について、同センターは「よく分からない」としている。

  29軒のシラス漁業者は、各直売所の紹介やシラスの調理法などを「湘南しらす情報局」(http://sea.ap.teacup.com/sirasu/)で掲載している。

「湘南しらす」豊漁、過去30年で最大規模 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)