読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

携帯 変えました

我が家の通話は家族間がほとんどで、ネットもほとんど見ません。

なんですが、この冬以降スマートフォンが続々と登場する(予定)でもありずーーーっと携帯電話の買い換えに躊躇してました。が、年間計画で立てた「通信費2000円/月削減」の実現の為、、ついに4年もののW47Tから切り替えました。 最新機種ではないですが。

2009年春モデル SH-001 (シャープ製)

DSCF6095

秋冬モデルが既に発売されている為、春モデルは最終プロモーション中。 新規で頭金と本体価格が0円でした。
内臓メモリも740MBと十分ですし、2GBのMicroSDカードもついてくるという甘い囁きに乗せられて、購入してしまった訳ですね。ただし、このキャンペーンは機種変更でなく、新規という事で番号が変わってしまいますが仕方なしです。

これまで年割で発生していた基本料金ですが。

AUの料金体系にシンプルコースというのがあり。当初は端末購入費用が高く、月々の支払いを含めると基本料とあわせて2500円にはなるかと思ってたのですが、今回のこの機種、購入費が0円かつシンプルコース対象機種になっているので、従来我が家ではほったらかしにしていた年割(4年経過)より、大幅コストダウンを見込み。

従来:プランシンプル+誰でも割+ダブル低額スーパーライト+家族割だったのですが、変更後は

具体的には 加入条件として、誰でも割+定額ライト+誰でも割+安心ケータイサポート = 1600円(税別)が最初の月は余計にかかるんですが、翌月からは、980(基本料,1000円の無料通話付き)+300(ezweb) = 1280円(税別)で済むという事で。

最低でも▲1000円/月コストダウン。ま、誰でも割なので、また2年拘束はありますが端末自体は0円なので、機種変更は身軽にできます。 今後AUスマートフォン系を増やす予定と聞いてますので、ツナギとしても良いかなと。

加えて、今回Bフレッツ(ネット+電話=7,245円/月)からauひかりone(ネット+電話=5,985円/月、工事費無料、5000円バック)へ切り替えて纏める事で、▲1260円/月のコストダウン。 固定電話から携帯への通話も無料へ。

3000円/月の削減はでかいぞ!! 。。ただ、この機種、入力系の押し心地は良いのですがそもそもフラットパネルなので打ちにくい。冬モデルのSH004では凸量を増やして改善してましたので、お金に余裕のある方はお勧め。

2009年au秋冬モデル、1200万画素カメラとタッチパネルを搭載した「AQUOS SHOT SH003」速攻レビュー - GIGAZINE

でも、欲しいのは。。

image

iPhone放り出したくなる美しさ! ソニエリ初のAndroid携帯「Rachael」のUI(動画) : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)

<ちょっと小ネタ>

OSプラットフォームですが、SH001をはじめ、XminiやG9(iida)は、採用されているプラットフォームがKCP+。大丈夫か。。と思ってはいましたが実機を触ってみると、KCP+を採用した当初の製品より、かなり改善している印象があります。多少レスポンスが悪いですが、イラっとくるレベルでもありませんし。

<シンプルコース一括0円とは?&なぜ0円をやるのか?>

auの現在の料金体系は、シンプルコースと、フルサポートコースの2種類。
au買い方セレクトとは - はてなキーワード
購入の際に、「フルサポートコース」か「シンプルコース」のいずれかを選択できる。フルサポートコースは、端末を購入する際に2年間の利用を約束することで、店頭価格から21,000円が割引される。契約期間中に解約・一時休止・機種変更などを行なう場合、「フルサポート解除料」として利用期間に応じた金額を支払う必要がある。解除料は、利用開始から12カ月目までが18,900円、 13カ月目〜18カ月目が12,600円、19カ月目〜24カ月目が6,300円。料金プランは、現行の料金プランから選べる。
一方のシンプルコースでは、端末の購入金額の割引が無いかわりに、毎月の基本使用料が抑えられる。同コース向けに新設された「シンプルプラン L」と「シンプルプランS」のいずれかを選択できる。シンプルプランLは基本使用料が月額2,625円で通話料が1分10.5円、シンプルプランSは基本使用料が月額1,050円で通話料が30秒15.75円となっている。

参照:KDDI 会社情報: ニュースリリース > 「au買い方セレクト」の提供について〈別紙 ということで、まとめるとこんな感じ >

コース シンプルコース フルサポートコース
端末購入費用 高い 安い
基本料金 安い 高い

両者の比較は、結構、ややこしいので、詳細には、これ以上ふれませんが、このシンプルコースというのが、端末代は高いけど、基本料金が安いという点が、ポイント。

シンプルコースで端末を安く購入できれば、ベスト。 このシンプルコースで、端末代を安く購入できれば、購入費用も基本料金も押さえることができると。
端末が無料つまり、0円ならベストなのです。 総務省の指導で、端末0円で、基本料金高いのはだめってことになったのが、シンプルコース登場の経緯だと思うのですが、既に8月くらいから、0円で購入できるケースも出てきたようですね。
なるほど!au シンプル一括払い0円機種(08/08/31)
それが昨年暮れには、上述の通り 機種限定ですが、かなり広まった模