読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

【ご紹介】 鎌倉投信

image

こんなのがあったんですね、というご紹介。

社長の鎌田恭幸さんは、バークレイズ・グローバルインベスターズ(クオンツファンド)のVice Presidetをお勤めになられた方で、同士の方々と2008年11月に投信を立ち上げて目下 業務取引開始の為の最終準備段階。 WEBでは2009年央からの業務開始とあります。ポートフォリオ、活動含めてすごく興味あり。。

理念に共感したのでご紹介です。

2008年11月5日、志を一にした4名の創業者が集い、鎌倉の地に「鎌倉投信」という投資信託の会社を設立いたしました。
個々に資産運用の世界では屈指の存在です。そして、何度も何度も議論を重ねて達した経営理念が【100年続く信頼の「わ」、100年愛される長寿投信を目指します】です。ここには、永きにわたって個人投資家の持続的な資産の形成と豊かな社会を育むことに貢献したいという強い思いが込められています。
本来の日本が持つ素晴らしい価値を育む、社会全体が調和のとれた発展を目指す、言葉や会話が自然と集う、人の輪・夢の輪が広がる、鎌倉投信はそうした「場」でありたいと願っています。そのため、鎌倉投信は、投資信託を通じて個人投資家と「持続的で豊かな社会の形成のために普遍的な価値(人・自然・環境・伝統・文化・優れた技術等)を醸成できる会社」との距離を近づけたいと考えております。
投資とは、株価等の値動きを追うものではありません。その本質は、投資先の会社が行う事業、その会社が大切にする様々な人によって創造され、社会で育まれる価値を蓄えて行くものです。
そして、長期投資とは、社会に貢献し愛される会社を長く支持することによってその果実を享受することだと考えます。
そこには、目に見える経済的な価値もありますが、心で豊かさを感じる価値があるはずです。

さわかみ投信と共通するものがありますが、一線を画しているのは理念の「3つのわ」ですね。営利のみを目的とせず、会社の利益と社会貢献のバランス重視の運用を行い、かつ自然、伝統、文化、優れた技術等日本の普遍的な価値と親和性のある事業ビジョンを明確に唄っているのは特筆(というか、感動)です。

私たちは、「鎌倉投信」が、個人投資家の皆様の経済的な豊かさを育むと共に、
三つの「わ」(和・話・輪)が育まれる「場」でありたいと願います。 以下、「会社の志」より;

「和」
和は、日本を表す古称であるとともに“なごみ”や“調和”を表します。
鎌倉投信は、日本人が脈々と受け継ぎ発展させてきた優れた技術、伝統、文化、豊かな自然等、この国の持つ普遍的な価値を感じることができる「場」になります。
「話」
話は、言葉を交わすこと、それによって見えない価値に“ふれる”、“感じとる”ということを表します。鎌倉投信は、会話や言葉に溢れ、お互いの元気を分ち合う「場」になります。
「輪」
輪は、“丸い形”、“つながり”や“広がり”を表します。
鎌倉投信は、人が集い、言葉が集い、夢が集い、そしてその輪が広がる「場」になります。

理念で感動できる会社って少ないです。 冒頭でご紹介したイラストは、100年後の湘南・鎌倉のイメージだと思うのですがこちらも共感度高しです。