読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

英語スピーチを学ぶならTED.com

土曜日の鎌倉トーストマスターズで、興味深いサイトを教えてもらったのでご紹介。

imageTED.comというサイトがあります。Technology,Entertainment,Designの頭文字をとって、TEDだそうです。
TEDは、世界の超一流の人物が、年に1回集まり、開かれるカンファレンス。サイトによれば、

On TED.com, we make the best talks and performances from TED and partners available to the world, for free. More than 450 TEDTalks are now available, with more added each week. All of the talks feature closed captions in English, and many feature subtitles in various languages.

スピーチの長さは、最高でも18分と決まっていて、世界で最先端・超一流の人物が、濃縮したプレゼンが、ネット上に無料で公開されているのですが、この動画が素晴らしい。「英語での理解」しながら、「内容の濃さ・時代性」をという二つの要素を高い次元でミックスさせています。(このカンファレンスに出席するには、会員として相応しい貢献をしてくれそうか、審査されたうえで、年会費6000ドルを支払い、TEDの会員になる必要があるそうで。聞いてる方も、かなり真剣です)

また、かならずトランススクリプト(スピーチの文字原稿)が付いており、そのテキストから、ある文章をクリックすることで、スピーチ動画のキューもそこの部分からプレイが始まるなど、海外の非ネイティブの英語学習者を意識したような配慮がなされています。(スピーチ文を、ネット上で集まったボランティアが翻訳するプロジェクトがあり、一部のコンテンツには、日本語字幕も出せます。ここらへんが、スピーチ後のコンテンツの扱いが「最高」だと思った由縁です。)

トーストマスターズではゴア氏のスピーチを踏まえ、彼のトピックのスピーチ中の運び方、テーマ、そのものについて議論しました。

 

↓↓↓ 応援のクリック、宜しくお願いします! ↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ image image image