読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

中国の静かな自信

今日の日経新聞のコラム大機小機「人民元通貨圏への動き」は、読み飛ばしそうでしたが面白い内容でした。

中国が人民元の国際化へ歩み出した。① 広東省と香港、マカオ、台湾との貿易、②広西、雲南と、東南アジア諸国連合ASEAN)との貿易ーの二つで人民元を決済通貨とするテストを始める。4月、上海と広州、深セン、珠海、トンガンを人民元貿易決済のテストの場と決定した。

中国の新華社は、金融危機でドルとユーロが大きく変動したため、中国と貿易相手国双方の企業が、相対的に安定している人民元建て取引を望んでいると伝えている。金融面では、韓国、マレーシア、インドネシアなど六つの国・地域と締結した総額六千五百億間(約9兆4千億円)の通貨交換協定が、貿易と直接投資に流動性を供与する。

日経新聞5月12日(大機小機)

匿名ですがそれぞれの業界の第一線の方が執筆するこのコラム。今回のポイントは、「日本はアジアの中でどう成長戦略を見据えて動くか」なのですが、関心を呼んだのは問題提起よりも中国の姿勢そのもの。

自分たちが成長の主役になる事を十分認識した上で、ドルの最大の債権国としての政治力学もわきまえながら、したたかに脇固めをする中国。 まだ大きく取り上げられるトピックではないでしょうが、基軸通貨が消去法で選ばれるご時世、この中国の動きはものすごく戦略的に映ります。

↓↓↓ 応援のクリック、宜しくお願いします! ↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ image image image