読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

【イタリアン】A Riccione (若宮)で、真のスローフードを愉しむ。

3連休の中日という事もあり、気持ちに余裕が(=飲みたい)あったのでカミさんと話してイタリアンディナーを。 本当は、3月に移転するNadiaへ行きたかったのですが、既に予約は末まで一杯だそうです。流石ですね。 気を取り直して、今まで行けてなかった鎌倉で評判のお店 A Riccioneへ。 DSCF3895ここは、

① スタッフが種から育てる無農薬野菜

備長炭で焼く魚や肉料理、パスタは手打ち

③ ピッツァやパンは石窯で焼くなどこだわりを持っている

③ うれしいことにワインは常時100種類も

ということで、自家農園による地産地消に&"スローフード"を提供してくれる、質の高いレストランです。都内へ出るよりもパフォーマンスの高いサービスを提供できる、という筋の通ったコンセプトを持っておりRegain家は、こういうお店が大好き。

あ、初めて知ったのですが、"スローフード"の発祥は、イタリアなんだそうで(Wikipediaによる紹介はこちら)。上記でも分けましたが、地産地消と、スローフードは同義ではないんだとか。

1996年スローフード法令には、具体的な活動における3つの指針が示されている。

  1. 守る:消えてゆく恐れのある伝統的な食材や料理、質のよい食品、ワイン(酒)を守る。
  2. 教える:子供たちを含め、消費者に味の教育を進める。
  3. 支える:質のよい素材を提供する小生産者を守る。

その後、美食とは何かという問いかけから、伝統の食事、素朴でしっかりとした食材、有機農業、健康によいものに関心が向かうようになり、一挙に人の注目を惹くようになってきた。その後、日本にも紹介され、各地に支部や共鳴者を集めている。世界中に83,000人以上の会員を擁するという。

興味深いですね。。日本では、どういう食材や料理を守る「べき」なんでしょうかね。

気を取り直して、本日の、オーダー!!

生ハム、平目のカルパッチョゴルゴンゾーラのピッツア、生ウニのスパゲッティ、高座産豚骨付きロース(炭火焼き)。 一つ一つの鮮度というか、味のしっかり感がすごい。。素材が立ってるって感じですかね。調理の仕方も、さーすが日本のイタリアン!という感じで、繊細。 カミさんは生ウニスパゲッティ。Regain的には、豚骨付ロース。うまかった。。

imageワインはアドリア海に面したマルケ州より、こだわりの赤ワイン "ロッソ・コネッロ・ユリウス (シルヴァーノ・ストロロゴ) (Rosso Conero Julius (Silvano Strologo)" の2006。

大事な日には、たいへん宜しいリストランテかと存じます。 ええ、お奨めですね、ハイ。

 

ア リッチョーネ (イタリアン / 鎌倉)

★★★★ 3.5

TEL : 0467-24-5491

住所 : 神奈川県鎌倉市小町2-12-30 鎌倉BMビル B1F

営業時間 :11:30~16:00 17:30~22:30

ホームページ : http://www2.ocn.ne.jp/~riccione 別ウィンドウで開きます

 DSCF3894

DSCF3896 DSCF3901

DSCF3907

DSCF3910

↓↓ ワインを地図と一緒に思い出すならこちら↓↓

image

↓↓↓ 応援のクリック、宜しくお願いします! ↓↓↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ image image "80" src="http://liferich.net/WindowsLiveWriter/65fbf61b51a1_1284F/image_20.png" alt="image" />