鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

鎌倉 寺紋めぐり

天気の良い日のお寺めぐりに。

日本では平安時代の公家に始まり、戦国期には多くの武家に用いられるようになる紋章。 江戸期には紋章の総数は5,000種以上、代表的な家紋は300種類とも言われます。鎌倉の寺院にも、いくつかの寺紋を見つけることができます。寺院の門、本堂の大棟には、寺院の開基(創建ですね)となった人物や、宗派に関連した紋章が使われています。


大きな地図で見る

 

円覚寺

弘安5年(1282)、8代執権である北条時宗が、元との戦いに戦死した敵味方の霊を慰めるために開基となって創建。

image image

建長寺

建長5年(1253)、5代執権の北条時頼が開基となって年号=寺名として創建。

image image

③英勝寺

寛永11年(1634)、徳川頼房水戸黄門水戸光圀の父)の養母となった、栄勝院が開山した尼寺。英勝院は、太田道灌の子孫とも言います。太田家は、桔梗の紋章。徳川家のは、、、アレですね。

image image

鎌倉市HPより。水戸徳川家の三つ葉葵の紋と 太田家の桔梗の紋はHPより添付

寿福寺

木漏れ日の中を進む、たいへん気持ちの良いお寺です。源頼朝の父、義朝の館のあった所と伝えられる。頼朝の死後、正治2年(1200)、妻の政子が開基となって創建。棟瓦の紋はササリンドウです。堂前には柏槙の古木があります。源氏の家紋といわれ鎌倉市の市章ともなっている「ササリンドウ」は、江戸時代に考えられたもので、源頼朝の紋が「ササリンドウ」だったということではない。歌舞伎の世界において、武士の服に紋がないのが格好が悪いとの理由から、貴族源氏の紋を頼朝の紋として扱ったらしい。

image image

サリンドウの紋、鎌倉手帳(寺社散策)さんより拝借しました。

⑤浄明寺

足利義兼による創建。足利尊氏の父、貞氏を葬ったことから、彼の法名である、浄明寺殿貞山道観にちなんで、この寺の名前は着いたといいます。

image image

拡大しないと見れなかった。。

<番外編:鎌倉で見かける、代表的な寺紋たち。>

image
「笹竜胆(ササリンドウ)紋」
村上源氏の家紋とされています。清和源氏源頼朝が使ったという資料はないものの、江戸時代から「源氏の家紋」とされています。
image 「三つ鱗(ミツウロコ)紋」
北条一家の家紋とされています。
image 「水戸葵紋」
まあー有名ですわね。
image 「丸に一つ引き両紋」
鎌倉幕府を滅ぼした、新田氏の家紋として知られています。
image

"top" width="239">「丸に二つ引き両紋」
室町幕府の祖、足利氏の紋章として知られています。

image 「橘(井筒に橘)紋」
日蓮宗の寺院には、多く井筒に橘の紋を寺紋としてます。
image 「五七の桐の紋」
桐の紋は、皇室の紋の一つとして有名ですが、この紋は、足利氏、豊臣氏などの皇室から下賜された武将が使いました。

 

<参考にさせて頂いたサイト>

家紋については、安土桃山通販さん、播磨屋.comが、よくまとめてくださっています。

関東史跡散歩さんは、お寺めぐりの全般的なガイドになります。画像も豊富です。

鎌倉散策さんは、手軽に回れるコースでとても参考になります。

Hatena タグ: ,,

↓↓↓ 応援のクリック、宜しくお願いします! ↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ にほんブログ村 海外生活ブログへ