鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

実は資源大国、日本

昨日、「情報7Days ニュースキャスター」を見ていて、日本の都市鉱山についての特集をやっていました。最新の情報では、わが国の金の埋蔵量は6800トンで、世界一。
特集中は、金の埋蔵量に関するフィーチャーで、東京都以外の都市でオバチャン・オジチャンが公民館でPC・携帯を分解してコアチップを選別する光景を映していました。





行政法人の物質・材料研究機構NMS)が今年発行しているレポートが興味深いです。


計算によると、は、約6,800トンと世界の現有埋蔵量42,000トンの約16%、銀は、60,000トンと22%におよび、他にもインジウム61%、錫11%、タンタル10%と世界埋蔵量の一割を超える金属が多数あることが分かった。また、他の金属でも、国別埋蔵量保有量と比較すると白金などベスト5に入る金属も多数ある。


<各国の資源埋蔵量とわが国の都市鉱山を比較>





わが国の都市鉱山は世界有数の資源国に匹敵 -わが国に蓄積された都市鉱山の規模を計算-
平成20年1月11日 独立行政法人物質・材料研究機構



日本のリサイクルを、アングラ・中小ビジネスではなくエコビジネスとしてどのように訴求してゆくか、がキモです。ゴミで出来てる夢の島の光景は皆さんご存知でしょうが、資源としてどう再定義・分類し、行政ではなく政府が主導で時間軸をもって取り組むには何が必要なのか