読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鎌倉ライフリッチ研究所 Ver 3.70 | 人生を、豊かに生きよう。

ようこそいらっしゃいました。スローライフの聖地鎌倉へ移住して7年。グローバルビジネスやM&AどっぷりだったR40が一念発起。 ベンチャーでの仕事を通じた日々のビジネス視点だったり、観光に役立つ鎌倉の美味しいグルメ情報やイベント紹介をしてまーす。プロフィールはこちら(http://profile.hatena.ne.jp/hase263lich/)から。

あなたのアイデアを世界に発信できるマーケットプレイス「BootB」

商品企画をやってみたい!と思ったことはありませんか?
そんなあなたに、、
世界12ヶ国語に対応し、日本語もOKのアイデアマーケットプレイス「BootB」。


「クリエイター」、「ビルダー」、そして「プレス」、という
3種類のポジションでの参加ができます。
このサイトはいったい何なのか?というと、

  1. 「ビルダー」が「BootB」に「課題」を投稿
  2. 「クリエイター」が「課題」に対してアイデアを投稿
  3. アイデアがたまったら、「ビルダー」がその中から一番優秀なものを選び、報酬を支払う

というCtoB, 日本でいう「たのみこむ」的なサイトのグローバル版とも言えるものです。

興味のある方はのぞいて見るだけでも。BootBへどうぞ。

会社で「企画をやってみたい。」という希望を良く聞きます。理由は「なんか楽しそうだから。。」

そうなんですね、新しいモノやサービスを作り出す仕事は、一見華々しく映るものなのですが、実は非常に地道な作業を経た上で成り立つものなのです。

  • 「今あるから、こういうのあったらいいな」は、プロダクトマーケティング。
  • 「これから、こういうのが売れる!」もプロダクトマーケティング。

この二つを踏まえて、「だから、こういうものを作りましょう!」というのが商品企画です。

ビジネス採算に直結する内容でもあり、PL採算やキャッシュフロー、マクロ・ミクロアプローチやマーケティングデータの読み込みなど、商品として仕上げてゆく為には、担当として個人が仕上げなければならない内容だけでなく、周囲の「否定」を覆すだけのロジックと情熱を持ち続けなければならないので、本当にハードです。 

逆に、そうした企画が承認され、成功を収めれば、企画担当としてこれに勝るものはないのですが。。常に「ヒットを打つ」気持ちで臨むイチローと同じ気持ちですね。。

その意味では、この"BootB"は、実際にプロモーションやサービス、商品を企画する経験を積むには最適のサービスポータルかもしれません。

企画をやりたいという強い意思がある方であれば、ぜひ「BootB」のようなサイトで「企画力」を鍛えるのも非常に良いことかもしれませんね。

世界へ自分の企画力を提案したい、という風にお考えの方は、アフィリエイトよりもずっと深いものが得られると思います。